二人暮らしの生活費

はじめての二人暮らし(同棲)。どちらか一方だけでも一人暮らしの経験があるなら、生活費がどのくらいかかるのか目安がつき、具体的な間取りのイメージも湧くものです。ですが、どちらも実家暮らしをしていた場合には、なかなか想像が難しいものですね。住む場所やライフスタイルによって全く変わってきますが、強いて具体例を挙げるなら、ワンルームに二人で住み、生活費を切り詰めれば10万円ちょっとからでも二人暮らしは可能です。一般的には15万円~25万円くらい。かなりの幅がありますが、これはやはり家賃に大きく左右されてしまいます。

二人暮らしのインテリア

二人暮らしをするなら、食事やくつろぎの場所と、寝室の少なくとも2つの空間は欲しいところです(2K、1DKなど)。2DKなら3つの空間があり、はじめての二人暮らしとしては上等な間取りです。家電や家具は、二人がそれぞれ今まで使っていたものを持ち寄れば、ある程度形になりますが、実家暮らしだった者同士が新たにスタートさせる場合に必ず必要になるのが、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ。特に迷うのが冷蔵庫の大きさ。大きいに越したことはありませんが、少なくとも140L~250Lは欲しいところです。自炊する頻度が高く、買物に行くペースが少ないほど大きい冷蔵庫が必要になります。


その他、二人暮らし気分を味わうなら、少しだけ大きめのテレビ、ソファー、ダイニングテーブルなどではないでしょうか。ダブルベッドも憧れるところですが、かなり場所を取りますので、2DK以上ないとおすすめしません。


何を揃えるにしても、、家電や家具・インテリア用品は、安いものではありません。敷金・礼金、引越し費用だけでもまとまった金額が必要になってしまう中、そこまでお金が回らないというのが正直なところではないでしょうか。そんな悩みを持つ人たちに便利なのが、家電や家具のレンタル。ゆくゆく余裕ができてから欲しいものを買うとして、当面の間、レンタルで済ませれば、二人暮らしに必要な初期費用を抑えることができます。また、気に入ったデザインが見つからない場合や、使うかどうかわからないものを、ひとまずレンタルするという活用方法もあります。レンタル家電、家具については、次の記事も参考にして、検討してみてください。

スポンサードリンク