短期の一人暮らしなら

短大生、専門学校生の一人暮らしにおすすめなのが、家電・家具のレンタル。1~2年程度の一人暮らしの場合、購入するのと新品をレンタルするのでは、メーカーなどを選ばなければ、正直、値段はあまり変わりませんが、卒業後、実家に戻る予定のある人なら、レンタルを利用する価値が非常に高まります。 その理由は明確です。

  • 家電・家具は、保管しておくのに収納スペースをとる
  • リサイクル料もかかり、気軽に捨てられない
  • 洗濯機やテレビの設置まで業者が行なってくれる
  • 故障時のメンテナンスや取替えにも対応
  • 入学金や賃貸不動産の契約で初期費用がかさむ中、はじめにかかるお金を抑えられる
  • 実家に戻る時の引越しの手間や料金が安くなる

はじめての一人暮らし(下宿)で、必要なものや実生活のイメージがつかないのが、短大生や専門学生。その場合、ご両親が家電や家具のレンタルを手配してあげることも多くあります。最初の手続きさえ済んでしまえば、あとは返却するまで連絡も必要ないのため手間いらず。安心して、一人暮らしに送り出すことができます。逆に、全て自分で資金を手配する人には、一人暮らしのための初期費用を抑えられるのが、とても助かります。


短大生や専門学校生の場合、はじめはそれほど家電や家具を揃える必要はありません。意外に使わない物も多いので、必要になってからレンタルまたは購入すれば十分なケースが多々あります。とりあえず必要なのは、テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機。エアコンだけでは、冬寒いので、電気ストーブやこたつなどがあると便利です。石油ファンヒーターは、アパートでは使用が禁じられていることが多いので、こうしたものを利用すると便利です。

スポンサードリンク