購入やレンタルなど、いろいろ検証

単身赴任が決まり、家族の理解も得られたら、次に決めなければいけないことはアパートの契約と、家電・家具の用意、引越し手配の3つです。このページでは、家電・家具を購入すべきか、レンタルすべきか、持って行くべきか、いろいろ検証してみました。


単身赴任の場合、学生の一人暮らしや、新社会人の独立と違い、家族のもとに必ず戻ってくるという前提があります。そして、実際に帰ってきた時に、冷蔵庫が2台になってしまうというのは、かなり厄介なことなのです。自宅に置き場所はないし、2年やそこら使っただけのものを捨ててしまうのももったいない。値段も高く、荷物にもなってしまう家電・家具は、ここが一番のポイントになります。それを踏まえたうえで、いろいろな選択肢を検証していきます。


  • 現地で安いものを購入する
    • メリット:3年以上などの期間であれば購入した方が安いケースが多い。引越し費用もやすくなる
    • デメリット:任期終了時の置き場所に困る。引越し当日から使用できない
  • 今住んでいるところで購入する
    • メリット:3年以上などの期間であれば購入した方が安いケースが多い。引越し当日から使用可能
    • デメリット:任期終了時の置き場所に困る。引越し費用が高くなる
  • リサイクルショップなどで中古品を購入する
    • メリット:費用を若干、抑えられる
    • デメリット:中古品を使うことになる。家電・家具はリサイクル代や不用品処分にお金がかかる。
  • レンタル家電・家具を利用する
    • メリット:任期終了時の置き場所に困らない。2年以内ならレンタルの方が安いケースが多い。引越し費用が安くなる。処分の手間や費用がかからない
    • デメリット:長期の場合は割高。家電・家具を選べない

あまりおすすめでないのは、リサイクルショップでの購入。新品でも激安品を購入すれば、ほとんど値段が変わらいケースが多いのが実情です。また、新品ではないので気持ちよく使えず、いつ壊れるかもわかりません。再びリサイクルショップに売ろうとしても、かえって処分費用を取られることもあります。


そうなると、新品を購入するか、レンタルを利用するか。もし、単身赴任の任期が長い場合には購入した方が、費用的にはお得です。ただ、先にも書いたように保管場所に困ります。人にあげるか、リサイクルショップなどに引き取ってもらうのが一番かと思います。ただし、最新の家電でない場合、タダ同然か、処分費用を取られる可能性もあります。
おすすめのレンタル業者はこちらのページです


短期ならレンタルがおすすめ。特に、一家に一台しか必要のない白物家電、食器棚の類、あるいはベッド・寝具のようなものは迷う必要ありません。映画を大画面で見たいなどこだわりがある家電があれば、それは購入してしまってもよいかもしれません。


家族との共有品でなく、自分が使うものには、衣服、シェーバー、趣味のものなどがあります。もし、段ボール4,5箱にまとまってしまうようなツワモノの方は、宅急便などで送ってしまうのが安くて手間もかかりません。が、たいていの方は、そうもいかないと思いますので、引越しを安くする方法についてはリンク先のページをご覧ください。


小さな雑貨、日用品はケースバイケースです。余っていれば自宅から持って行き、なければ購入する。ものによってはレンタルが可能なものもあります。食器、調理器具、ドライヤー、パソコンのプリンタ、電気スタンドなど、日常必要なものをよく洗いだしてみてください。単身赴任先でも必要なものは、意外にたくさんあります。

スポンサードリンク